HOME>オススメ情報>賃貸経営の手法やそれぞれのメリットについて
模型

管理の方法とは

賃貸経営を健全に行うためには、管理する物件の稼働率を高い水準で維持しつつ、設備投資などのコストをできるだけ抑える必要があります。そのためには、しっかりとした賃貸管理を行う必要がありますが、管理方法にはいくつか種類があります。まず自己管理です。これは賃貸経営の全てを自分で行う形態です。建物や入居者の情報を直接把握でき、管理費用の節減につながるという特徴があります。続いて委託管理と呼ばれる手法です。委託管理とはその名の通り、賃貸管理に関する業務を管理会社に委託します。管理報酬などのコストはかかりますが、業務の煩わしさから解放される利点を有します。さらに専門業者に委託するので、管理力には一定の評価があります。

サブリースとは

賃貸管理には自己管理と委託管理と呼ばれる手法がありますが、それに加えてサブリースという形態にも注目が集まっています。サブリースとは一括借上げともいわれていて、保証会社がオーナーから建物をまるごと借上げて、それを第三者へ貸す形態のことです。保証会社が代わって賃貸経営を行うため、管理業務の負担が減ります。また、建物を借り上げてもらうことから、毎月定額が支払われるため、安定した収入が望めるというメリットがあります。

委託管理で発生する手数料

賃貸管理を管理会社に委託する委託管理。自己管理が難しい場合に、委託管理で賃貸経営を続けるオーナーも少なくありません。その一方で、管理会社に管理報酬を支払う必要があります。管理報酬は、家賃の何パーセントという形で算出されることが一般的です。例えば管理報酬を3パーセントとする場合、毎月の家賃が5万円ならば、5万×0.03=1,500円となります。もちろん家賃が高いほど管理報酬は高めになり、さらに家賃の5パーセント前後が管理報酬の相場といわれています。