HOME>トピックス>投資用のマンションを購入する主な利点について

将来の私的年金になります

積み木

様々な投資が注目されていますが、マンション管理に関心を持つ人も少なくありません。マンション管理投資の最大の利点といえば、将来の私的年金になることです。マンション管理の場合、優良な物件を探してそれに投資することで、安定した家賃収入を得ることができます。家賃収入は、預貯金の利息などでは得られない大きな収入となります。しかも長期間にわたり継続して収入が入ってくるので、まさに老後の私的年金にピッタリな投資方法なのです。

分散投資先として活用できる

マンション

投資をするときに最も基本となることが分散投資です。分散投資とは、投資金額を分散して異なる資産に投資する手法のことです。分散投資はリスクを軽減するために考えられた投資法です。1つの資産に大量にお金をつぎ込んだとき、何らかの要因で投資対象の価値が下がってしまうと、財産が大幅に減ってしまうため、それを回避するために行われます。マンション管理投資も分散投資先として十分に活用できます。現金だけ持っていても、インフレになってしまったらその価値は下がってしまいます。しかしマンションのような不動産の価値や家賃は、インフレのような物価上昇時に伴って上昇する性質があります。つまり、インフレ対策にマンション管理投資は有効なのです。このように、経済状況が変化したときにリスクを軽減できます。